妊娠中のつわりをアロマセラピーで和らげる!その方法と精油をご紹介

こんばんは!

今日もうちのボンは夜も元気元気ーー!!

ようやく22時過ぎて就寝してくれました〰!あと1時間早ければいいのにな‥なんて思っております、アキ子です!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私がボンを、出産したのはかれこれ1年10ヵ月前‥そう遠くはないんですね。

つわりも初期のころは普通にあったほうではないかと思います。

あの頃は仕事をしていたので、仕事中はおそらくそちらに集中していたため、そこまで吐き気は無く(よっぽど疲れたときは吐き気を感じていましたが)終わってホッと車に乗り込んだときにいつも嗚咽に苦しんでいました。

それも5ヶ月くらいになるとおさまりましたが、口の中は不快感があるしその時はけっこう大変だったなぁ‥と今更ながら思います。

そこで今日は、簡単にできるつわりの吐き気を軽くできる簡単な方法についての記事を書きたいと思います。

自分のつわり真っ盛りだったときは情報を知らず、調べる余裕もなかった為、実践はできていないのですが、今後二人目ができたときや、今つわりに苦しんでいるかたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

アロマオイルを使ったつわり予防

アロマセラピーのエッセンシャルオイルにもいくつか“吐き気を抑える”作用のある精油がありますのでご紹介させて頂きます!

ペパーミント

ペパーミントは皆さんご存知のようにガムなどのフレーバーでたくさん商品に使われていますよね!

あのスーッと爽やかな香りに吐き気を抑える作用があるのです!

文献によってはペパーミントは妊娠中使用不可となっているものもありますが、ここでは大量使用ではなく、あくまで香りをかぐといった方法に限定し、使用することには問題はありません。

 

ジンジャー

そうです!ショウガです!

しょうがのエッセンシャルオイルは身体を温める作用もあります。なので入浴の際に使用されると鼻からも香りが入りますし、妊娠中に冷えは良くないので、身体をより温めることができて一石二鳥かもしれません。

そのままお湯にエッセンシャルオイルをいれるとお肌に刺激があるかもしれないので、乳化剤やバスベースというものをご使用頂くか、植物油(ホホバオイルやセサミオイルなどなど‥)にエッセンシャルオイル5滴を加えよく混ぜてから、大さじ2杯くらいのお塩に混ぜて使用されることをおすすめします。

ジンジャーのみでは香りがきついかもしれないのでここで記載する精油と組み合わせて、自分好みの香りに仕上げてもOKです!(ジンジャーのみで耐えれるようであればOKですが‥)

レモン

レモンの爽やかな香りも吐き気を抑える効果があると言われています。

また、妊娠中は万が一の大量出血に備えて、通常のときよりも血液量を増やすため、水分で薄まったような血液になり、貧血気味になりやすいのですが、レモンの精油には血球を増やし、貧血を改善したり、白血球を増やし、免疫を高めてくれるので、妊娠中にもぴったりで、おすすめです!

なお、レモンの精油には“光毒性”という、紫外線に当たると皮膚が炎症を起こす作用もあるので、塗布して使用したい場合はアロマセラピストにご相談頂くか(使用法を守れば大丈夫です。)、こちらも香りをかいで楽しんだり、さきほど書かせて頂いた夜に(朝だと外出時、紫外線に当たるであろうため。)入浴剤で楽しんだりする方法にしましょう!

その他

柑橘系の香りは妊婦さんにも比較的安全にご使用頂けますのでおすすめです。

いずれにしてもご自身が“気持ちよく感じる香り”であることが大切です。

上に記載した香りでも、あまり好みでなければ本末転倒なので好きと思える香りに出会えると、リラックス効果もあり吐き気もおさまる可能性があります!

 

 

香りをかぐ方法は“ティッシュに精油を1滴垂らしてかぐ”“芳香器で香らせる”などかぎやすい方法を試してみてくださいね。

また、ネックレスや携帯ホルダー型でエッセンシャルオイルを垂らして香りを楽しめるグッズなどもあるのでそういったグッズを使うのも手軽にできておすすめです!

香りが全くダメなら無理せず違う方法にトライしましょう!

妊娠初期はホルモン分泌の変化が著しく、体調も不安定になりやすいので香りをかいでしんどくなるようであれば直ちに使用をおやめくださいね!

スポンサードリンク

ハーブティーでつわり予防!

ハーブティーもつわりを軽減しやすいものがあり、“ペパーミントティー”や“ジンジャーティー”が吐き気を抑えるハーブティーといわれています。上のエッセンシャルオイルと同じです。

冷たく冷やすとよりスッキリしやすいようですよ!

つわりがひどいと、お口の中も気持ち悪い‥という方も多いと思いますので‥(私がそうでした!)

そういった方にも冷たく冷やしたハーブティーはお試し頂くと良いのではないかと思います!

ハーブティーではないのですが、冷たいお水にレモンを絞った“レモン水”も吐き気を抑えるのに良いそうです!

まとめ

いかがでしたか?

つわりのはっきりした原因は不明と言われており、一説にはホルモンバランスの急激な変化や、胃の平滑筋の運動量が減少すること、精神的な影響が大きいと言われています。あまりにひどい場合は“妊娠悪阻”と言われ入院が必要となることもあるそうです。なのであまりにひどい場合は早めに主治医の先生や助産師さんにご相談下さいね!

赤ちゃんを迎える幸せな時間ですがつわりというものはひどいとつらいものなので、そういったことが軽減できるにこしたことはないと思います。

今後、私も二人目を授かることがあれば‥♡片っ端から試してみたいと思います(笑)

その時は体験レポートも追加していこうと思います!(そんな余裕あるかな‥(笑))

最後までお読み頂きありがとうございました♡

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください