[箱根駅伝2019]6区の注目選手や見所は?穴場観戦&応援スポットも

こんばんは!アキ子です!

またまた箱根駅伝ネタになりますが、楽しみにしておられる方の参考になれば幸いです!

それではどうぞ~!

スポンサードリンク

箱根駅伝2019の6区の見所は?

《距離》全長20.8キロ【6区前半:0キロ(箱根芦ノ湖駐車場)~12キロ(宮ノ下駅)、6区後半:13.7キロ(大平台駅)~20.8キロ(小田原中継所)】

《区間記録》58分01秒【第93回(2017年)大会:日体大 秋山清仁】

《通過タイム》9.0キロ(小涌園)26分40秒、13.4キロ(大平台)38分06秒、17.0キロ(函嶺洞門)47分28秒

見所は何といっても5キロ過ぎからの『下り坂』!!

芦之湯を超えるといっきに箱根湯本まで下っていきます。そして箱根湯本までは監督者がつかないためにペース配分については選手の己の判断が頼りとなりますのでペースにつても見逃せないポイントです!!

そしてさらに19キロ過ぎからさらに下っていくそうで、このあたりからは監督の檄も見どころになっていきます。

なんとこのくだりのペースは100メートル平均16秒前半だそうで、それ以上に速くくなることもあるそうです!!

ねこ君

本気で走っても絶対追いつかない自信あり・・(笑)

ちなみに昨年の大会では、この6区が瞬間最高視聴率をマークしたそうです。

路面が冷え切っており、直に観戦することが難しいことも理由の一つといえそうです。

ねこ君

早朝の路面凍結と下りがアクシデントを招きかねないこの6区!今年はどんなドラマがまっているんでしょうか??
スポンサードリンク

注目選手は?

予想オーダーですので変更になる可能性がありますのでご了承くださいませ。

小野田勇次/青山学院大学/4年

この方、4年連続6区を走ることが予想されており、前回の各ポイント通過タイムが『人間じゃねえ!』とまでいわれたほどだそう。コースレコードにも期待がかかっています。

《記録》5000メートル:13.46.93、10000メートル:28.57.30

前回は区間記録に2秒と迫る58分03秒で自身初の区間賞だったそうです。

ねこさん

大大注目しております!!

今西駿介/東洋大学/3年

《記録》5000メートル:14.08.91、10000メートル:29.17.37

日本選手権クロカンで4位に入り、アジアクロカンで銅メダル、世界大学クロカンに出場。出雲駅伝では5区で区間賞を獲得!

クロカンで鍛え抜かれた精神力と足腰に期待大です!

穴場の応援&観戦スポットは?

芦ノ湖

こちらスタートを直に観戦したいのであればすでに場所取りは往路終了後から始まっていると考えたほうがいいようです。最前列は近くの住民の方、近隣に宿泊している方に抑えられている可能性が高く、その後ろからの観戦になるかもしれません。ですが、アップしている選手を見れたり、監督の談笑が見れたりとそういった箱根の裏側を見たい方にはおすすめのスポットです。

ホテルむさしや

早稲田大学と東洋大学の定宿として知られているホテル。前夜と当日、選手や関係者たちがこちらの宿で会話をしているそうで・・箱根ファンとしては大変気になるところです・・!!

恵明学園前

カーブに入ってくる選手を正面、横、後ろ姿とじっくり観戦ができるスポット。

高野コーナー

15.4キロ地点の大きなカーブのポイント。第87回大会で早稲田大学の高野寛基が東洋大の選手とデッドヒートを繰り広げているときに足を凍結した路面にとられ、スライディングのように豪快に転倒したが、何事もなかったように立ち上がり、東洋の選手を抜き返しトップでタスキをつないだという伝説のカーブで、ファンの方から『高荷コーナー』と呼ばれているそう。

箱根湯本・箱根町役場

箱根町役場入口に橋には待機している各大学の監督を乗せた監督が合流するそう。コースは平たんでやや、箱根の見所の一つのダイナミックさには欠ける場所だとか。

19キロ箱根町湯本付近

残り2キロ弱の下りの直線コースで監督からの最後の檄が飛ぶ6区の盛り上がるポイントの一つです。

 

まとめ

いかがでしたか?

引き続き箱根駅伝に関する事柄について書かせていただきたいと思っておりますのでそちらもよろしければ合わせてお読みくださいね!

最後までお読み頂きありがとうございました♡

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください