激レアさん[4月20日]ほぼイチローの人は誰?見逃し配信や画像&動画も!

こんばんは!アキ子です!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、4月20日放送の《激レアさんを連れてきた》で

かつて絶大な人気を誇っていた幻の『女子プロ野球』で打率5割以上打っていた、ほぼイチローの人  

が出演されるそうなんですね~!

女子プロ野球があったこともしりませんでしたし、ましてや、打率5割以上打つというのは。。

かなりスゴイですよね!!

その人はどんな人なの??

ということでその人は誰なのか、見逃し配信」や画像、動画についても調査してみることにしました!!

 

スポンサードリンク

激レアさんを連れてきた(4月20日放送)ほぼイチローの人は誰?

4月20日放送の《激レアさんを連れてきた》の放送内容は・・


です!

このお写真を見るに、「昭和20年代」とかいてあるので、1950年代のことなのでしょうが、その当時の女子プロ野球というのは、ショー的な要素が強く、入団テストに際しては、「野球の腕前もさることながら、独身で容姿端麗という点も重視されていたそうです。

(そのほぼイチローの方というのも、現在は計算するとおおよそ80代~90代の方でしょうか)

最盛期には、各地で3000人以上の観客を集めるなど女子プロ野球人気は盛り上がり、それに乗って各地に新しい球団が誕生。その数は最大で25チームにもなったが、多くのチームは資金難で半年以内に消え去っていたようです。

この頃、トップクラスのスター選手でも月給は7000円程度(年収10万円程度)であった。男子プロ野球のトップスターである大下弘の年収が150万円弱、同時期に行われていた女子競輪の年間獲得賞金額が平均20万円前後であり、銀行員の初任給が3000円、あんパンが1個10円、喫茶店のコーヒーが1杯30円だった時代です。

さてさて、その当時に打率5割を誇った“ほぼイチローの人”はどんな人だったのでしょうか?

調べてみましたが、確実な情報はなく・・

また、わかり次第追記させて頂きますね!

その当時の活躍されていた選手をあげてみます!

●「鉄腕麗人投手」と呼ばれる大島雅子投手

●「女土井垣」の異名をとった富岡聡子捕手

●田辺桂子選手

●エースで4番の君島政子選手

などがおられます!!

果たしてこの中に、“ほぼイチローの人”はいるのでしょうか?

スポンサードリンク

激レアさんを連れてきた(4月20日放送)ほぼイチローの人の動画や画像は?

現在、放送前で詳しい情報もつかめておりませんので、またわかり次第追記させていただきます!

ちなみに・・

「女子野球界の女イチロー」、「女子プロ野球史上初の5割打者」そんな様々な肩書きを誇る、現在の女子野球界屈指のヒットメーカーが京都フローラというチームにおられるそうで

その方は三浦伊織選手という方だそうです。

 

激レアは連れてきた(4月20日放送)見逃し配信はある?

激レアさんを連れてきたの見逃し配信はあるのでしょうか?

調べてみました!!

GYAO!

という無料の動画配信サイトで放送終了後、期間限定で無料で視聴可能です!!

ねこさん

録画し忘れた~!!

という方も安心ですね!!

ですが放送終了後、1週間のみの期間限定配信なので、その点は注意しておきましょう!!

 

ちなみに・・

いろんな作品をどこにいても楽しみたい・・!

という方にお勧めの“U-NEXT”という動画配信サイトもあります!!

無料ではないのですが(月額1990円)、見れる番組がとても豊富なんだそう。

最新作の配信開始が他のサービスに比べて早いのもU-NEXTの特徴で、時にはブルーレイやDVDの発売に先駆けて配信が始まることもあるんだそうです。「あの名作を早く観たくて待ちきれない!」といった方はここを覗いてみると良いと思います!!

31日間無料お試し期間もあり、お試し期間中に解約すれば費用もかからないですよ~!!



 

まとめ

いかがでしたか?

気になっておられる方の参考になれば幸いです!

最後までお読み頂きありがとうございました♡

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください